マインドフルネスの独学を助ける【スタンフォードの授業】

マインドフルネス

マインドフルネスの独学を助ける【スタンフォード大学マインドフルネス教室】

スタンフォード大学 マインドフルネス教室 [ スティーヴン・マーフィ重松 ]

スタンフォード大学 マインドフルネス教室【電子書籍】[ スティーヴン・マーフィ重松 ]

スタンフォード大学 マインドフルネス教室 (amazon)

マインドフルネスの本は最近になって色々出ているけど、どれがいいの???

と、いうアナタに少しでも参考になればと思い、ぼくが読んできた本をご紹介します!!

今回ご紹介する本は、僕が初めて読んだマインドフルネス本である【スタンフォード大学マインドフルネス教室】です。

マインドフルネスを独学で学ぶなら読んでおいて損はない

この本はそのタイトル通り、スタンフォード大学で教鞭を取っていらっしゃるスティーヴン・マーフィ・重松さんがお書きになったもの。

マインドフルネスにまつわるお話を本当の授業っぽい調子でつづられていて文体的には読みやすいのではないかと。

全部で8章から成るのですが、

  • 初心~Beginners Mind~
  • 本当の自分~Authenticity~
  • 受容~Acceptance~
  • 感謝~Gratitude~

などなど、結構テーマが抽象的で、哲学などに親しみがない人にとってはわかりにくい笑

しかし、もともとの概念が抽象敵なのである程度の抽象度は仕方ないか・・・

読み進めていくうちに、徐々に答えが見つかっていくような、そんな感覚で読んで行けると思います。

マインドフルネスの独学に特に助けになったポイント

本当の自分~Authenticity~の、章が特に印象的で、この章を読みたい!と思ってこの本を手に取ったのを覚えています。

当時の僕の状況といえば、とても悲惨な精神状態で、超絶ネガティブでした。

ネガティブな自分をなんとかしたい…と思って瞑想も始めたくらいですからね。

同時に、本当の自分というものも探し求めていました。

この章には、

【本当の自分がわかると、一瞬、一瞬で自分が望む在り方を選択できるようになり、自分の人生を自分で創造できるようになる】

という趣旨の一節!

これがとても印象に残っています。

当時の僕はネガティブ真っ只中でやることなすことすべて上手くいかない…

と、なり引きこもりを決め込んでいた時期。

自分の人生を創造できるの!?なにそれすごい!!

↑語彙力に乏しい…笑

と、感激してこの一節のおかげでより一層マインドフルネスへの興味が強くなりました。

自分の人生を、自分の好きなように創っていけたら、すごく楽しいと思いませんか?

僕はそう思っていました。

会社で理不尽に悩まされることもなく、

人間関係のしがらみに縛られることもなく、

親や他人の言うことを気にする必要もなく、

常識にも囚われない

本当に自由な世界に行きたい!

そう感じる人は少なくないはず。

僕もそんな中の一人でした。

今はマインドフルネスの実践により、自由な人生を謳歌しています。

ホントに自分の人生を生きられるような情報発信をこれからも心がけて行きますのでよろしくお願いしますね!

なんか決意表明になってしまった笑

オススメポイント

  • 本当の講義を受けているかのような雰囲気で読み進められるので、活字が苦手な人でも読みやすい!
  • 抽象的だけどもマインドフルネスの本質をしっかり捉えたことしか書いてないので内容が濃い!!!

このような点がオススメです!

あとは著者自身の体験に基づく例話が比較的多かったイメージですね。心理学や脳科学的な裏付けについてはあまり触れられていない印象なので、とにかくマインドフルネスの世界がどんなふうになっているのか知りたい!という初心者にはオススメです。

専門用語とかなしに、読むことができますからね。

最後に

スタンフォード大学 マインドフルネス教室 (amazon)

人によって刺さるポイントは違うかもしれませんが、本当に専門用語などを抜きにして、豊富な体験談、具体例でマインドフルネスの世界を教えてくれるこの1冊。

入門書としては、比較的手に取りやすいと思います!ぜひ読んでみてください。

もしよかったら、僕のブログのほかの記事も読んでみてくださいね。

マインドフルネスに関するいろいろな情報を発信していますので!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます^_^

Twitterやってます!!マインドフルネスに関すること呟いてますので是非フォローしてください!

kevinのTwitter↓

Twitter

ブログ

mindful kevin.com | 変化の激しい新時代に役立つ古の知恵

コメント

タイトルとURLをコピーしました