薬や医者なしでも回復できる!今すぐできるたった1つの脳疲労解消法をご紹介

健康・体調

脳疲労の回復にはマインドフルネス瞑想が効く!

脳疲労の原因がDMN(デフォルトモードネットワーク)の過剰な活動であれば、その活動を抑えてあげるのが一番。GoogleやApple、Facebookなど世界のエリートたちはどうすれば脳の疲労を取れるか知っています。脳の休息法がマインドフルネス瞑想だと気づいているのです。

脳疲労を回復する瞑想の方法3選

誰でも簡単に、すぐに実践できるマインドフルネス瞑想をご紹介します。

呼吸瞑想

まずはマインドフルネスの基本の瞑想をマスターしましょう。

  1. 椅子でも床でもいいので座る
  2. 目を閉じて呼吸に集中する
  3. 注意が逸れる
  4. 呼吸に意識を戻す

マインドフルネスの基本はこれだけでOK!これを初心者は1分から始めて毎日続けるようにしてください。

詳しくはこちらのページでご覧くださいね。

食事瞑想

自宅でできる簡単なマインドフルネスの方法として、食事瞑想もおすすめです。やり方は簡単。

  1. 形や大きさなど、食べ物の形をよく観察する
  2. 食感や味などを観察しながら食べる

食事はもちろん、おやつなどを食べるときに行なってもOKです。仕事の合間に行えば、脳がリフレッシュしてより集中できるようになりますよ。

歩行瞑想

歩きながらできる歩行瞑想もおすすめ!

  1. リラックスして足の裏の感覚に集中する
  2. 右足が地面から離れる感覚に集中する
  3. 右足が前に出て、地面についていく感覚に集中する
  4. この意識をしながら歩く(左足も同じように注意を向ける)

この瞑想は、ほかの瞑想が続けなかった人でも続けやすいというメリットがあります。毎日の通勤やお買い物のときに実践してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました