ネガティブは「脱フュージョン」で治す!3つの方法でマイナス思考を断ち切る方法

お金

「ネガティブ思考で考えすぎてしまう」
「考えすぎてどんどん気持ちが沈んでいってしまう」
なんてお悩みを抱えてはいませんか?

今回は考えすぎてしまう性格の方に向けて、ネガティブ思考から脱出する方法をご紹介していきます。

今回お伝えするのは、「脱フュージョン」という手法。この手法を使えば、 時間をかけずとも素早くネガティブ思考から抜け出すことができますよ。

この内容を動画でご覧になりたい方は、こちらからどうぞ!

ネガティブ脱出の秘技!3選

そもそも脱フュージョンとは

ネガティブ思考を断ち切る方法を見て行く前に、脱フュージョンがどんなものかについて解説していきます。

脱フュージョンは、認知行動療法の第三世代と呼ばれる、マインドフルネスを概念とするアクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)で用いられている技法。認知的脱フュージョンとも呼ばれ、認知的フュージョンから思考(文脈)に距離をもたせる方法です。

カウンセラーウェブ

簡単に言うと、「ネガティブな思考は現実に起きていることではない」と認識し、思考と現実との間に距離を取る方法のことを指します。

この脱フュージョン行うことで、思考に囚われた心を解放し、心配ごとに時間を費やすことがなくなるのです。

「脱フュージョン」でネガティブ思考を断ち切る3つの方法

脱フュージョンの意味や効果がわかったところで、さっそくネガティブ思考を断ち切るために有効な「脱フュージョン」の方法を見ていきましょう。

脱フュージョンの方法は、特別な器具や準備が全く必要ないものばかり。いつでもどこでもできるものなので、「今ネガティブな思考になっているな」と感じたら、ご紹介する方法を気軽に試してみてくださいね。

脱フュージョンの方法① 自分を山だと思う

ひとつめの方法は、自分を山だとイメージする方法です。

皆さんもご存知かと思いますが、山の天気は非常に変わりやすいですよね。山にいると雲が大量に発生して雨が降ったり、いきなりかんかん照りになったりと、短時間でもコロコロと天気が変わります。

落ち込んでしまっとときは自分の頭の中を山だとイメージし、頭の中に湧いた怒りや悲しい気持ちを「一時的に発生する雲」と認識します。

この気持ちは、後々雨として降ったり風に流されてたりしてどこかに消えるんだ。」と考えることで、気持ちが落ち着きマイナスな感情の連鎖を断ち切ることができます。

脱フュージョンの方法② アニメのキャラに喋ってもらう

ふたつめの方法は、自分の感情や思考をアニメのキャラに喋ってもらう方法です。

まず自分の頭の中にアニメのキャラを想像します。どんなものでもいいですが、ここでは「のび太君」を頭の中に思い浮かべてみましょう。

嫌なことがあって落ち込んだりイライラして「自分は何でダメな人間なんだ」と思ってしまったとき、この気持ちを自分ではなくのび太君に喋らせてみましょう。のび太君が泣きながら「僕は何でダメ人間なんだ」と入っている姿を想像するのです。

たったこれだけの手順で、「自分の思考」ではなく「のび太君が何か言ってるなぁ」と、感情を傍観できるようになります

こちらも、ネガティブな気持ちがダラダラ続くのを断ち切るためには有効な方法です。

脱フュージョンの方法③ バスの運転手になって乗客を乗せている姿を想像する

最後にご紹介する脱フュージョンの方法は、自分がバスの運転手になった姿を想像することです。

例えば、仕事で失敗してしまい「自分はダメなやつで仕事もできない…明日から仕事行きたくないな」と落ち込んでいたとします。

そんなときは、自分がバスの運転手で、今たまたま止まったバス停で「落ち込み」という乗客を乗せたシチュエーションを想像してみましょう。

バスの乗客は自分が乗りたい所でバスに乗り込み、降りたいところでバスから降ります。それと同じように、「落ち込み」がバスに乗っているのは一時的なもので、時期が来れば降りたいタイミングで降りていくものなんだなと、自分から切り離して考えることができます。

こんな風に、感情をお客さんとして一時的に乗せているイメージを持つことで、感情を自分から切り離して冷静に物事を考えられるようになるのです。

脱フュージョンで思考の切り替えをしよう!

今回は、脱フュージョンを利用したネガティブ思考の切り方についてご紹介しました。いつでもどこでもできる簡単な方法ばかりなので、気持ちがモヤついたときや落ち込んだときにぜひ試してみてくださいね。

このブログではほかの脱フュージョンの方法やメタ認知、マインドフルネスについてお伝えしています。これらの知識を正しく身に付けることで、人生を根本から変えることも可能です。

もっと詳しく知りたいという方は、ほかの記事やYouTube チャンネルをご覧になってみてください!

「ブッダ思考講座」も開講しているので、興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいね!


   

コメント

タイトルとURLをコピーしました