1分でできる!集中力を高めるためのトレーニング

エクササイズ

1分でできる!集中力を高めるためのトレーニング

今日中にこの仕事を片づけなければいけないのに集中できない・・・

試験の勉強をしないといけないのに、「あ~集中できないなぁ~」とぼんやりしてしまう・・・

そんなお悩み、ありませんか?

人間、誰しも「いましっかり集中して結果を出さなければ!」という局面があるはず。

しかしながらそういう時に限って頭の中がもやもやしてきたり、周囲の音や、「終わらなかったらどうしよう・・・」という不安に襲われて集中できなかったりするものです。

今回はごく簡単にできてかつ科学的にも根拠がある方法で集中力を高めるテクニックをご紹介します。

しかも、「1日1分~」OKなので、忙しいビジネスマンやたくさんの家事をこなす主婦、勉強する科目がたくさんある受験生まであらゆる人にお薦めのやり方です。

この「何もしない」を実践すれば、集中したいときに、自在に集中したいタスクや仕事、勉強に没頭することも可能になるかも。

そしたらもう、残業時間が無駄に長くなることも、家事がなかなか終わらないことも、寝る時間を削って勉強する必要もなくなりますよね。

僕はこの方法を個人向けセッションや企業向け研修として教えており、毎日実践しています。

さて、その方法とは、最近話題の【マインドフルネス瞑想】です。

集中力を高める準備

あなたがなぜ集中できないのか?それはあなたが悪いわけでもなんでもないのです。

そもそも現代人は集中しにくい環境で生活してしまいそれに慣れ切ってしまっているのです。

「集中力」とは心理学的にいうと「方向性注意」と呼ばれ、注意力をある特定のものや活動に連続して向けることを集中すると我々は表現しています。

しかし我々の社会は注意を引くものであふれかえっています。

ケータイやメール受信の通知、オフィスにかかってくる電話、隣で話している同僚の声、または家にやってくる宅配業者の人か宗教勧誘の人?子供の声?テレビをつけっぱなしにしていると、私たちの注意を引くための食べ物の情報や容姿の良いタレントなど、注意を引くものであふれかえっていますね。

そんな現代社会において我々は常にあっちこっちに注意を持ってかれているので、そもそも【注意を1つのことに向け続ける】ということが苦手になりがちなのです。

そんな中で特に我々の集中力をそぐものの1つは「外部刺激」です。

つまりさっき例にあげたような外の世界にある刺激のことです。これに反応することは動物として身を守るために備わっている本能なのである程度は仕方のないことですが、それでもコントロール可能な部分はコントロールしておく方が良いでしょう。

例えば、ケータイの電源を切っておく、同僚に話しかけないで欲しいことを伝える、電話がかかってこない個室に移動するなど・・・仕事や作業に向かうときというのは、環境を整えることである程度刺激を制御可能なのではないでしょうか。

ポイント

勉強や仕事、作業の時には環境を整えて「外部刺激」を減らしておこう!

集中力を高めたい!けどその前に

しかし、外部刺激をコントロールしたとしてもコントロールできない部分が非常に問題なのです。それが「内部刺激」とでもいうべき、【自分の思考】です。

人間の脳には、常に動いている「自動運転」の部分があります。

「思考」「感情」はその一部です。

たとえば、あなたが今この文章を読んでいるあいだにも

「どこかで聞いたことある話だな・・・」「こいつの情報は本物なのか?」「明日どこにでかけようかな」「あ、トイレットペーパー買わなきゃ」

などの思考がある人もいると思います。

これは常に働いているので、たとえあなたが非常に重要なタスクに集中したい時にでも動いています。

「ゼッタイに明日までにこれを終わらせるんだぁ~!!」

と必死になってる時に

「あ、トイレットペーパー・・・シャンプーも買わないと・・・あのアニメの続き気になるな~」

なんて思考が止まらなくなったり

「ああ・・・本当に終わらせられるかなあ・・・終わらなかったらどうしよう」

などと不安になっていては、集中できなくなってしまいますよね。

重要なのが、こういった内部刺激への対処法と、集中力を特定の方向へ向け続けるスキルなのです。

環境はコントロールできますが、内部刺激に関しては脳が自動的に常に動いているためにコントロールはできません。

つまり、何かしらの対処法を知らなければ一生振り回され続けてしまうのです。

集中力を鍛える!1分でできるトレーニング法

集中力が続かないあなたにおすすめなのが、【マインドフルネス瞑想】です。

マインドフルネス瞑想とは、「マインドフルネス」という考えに基づいて行う瞑想のことで、GoogleやApple、マッキンゼーなど世界的に有名な企業でも人材育成に取り入れられ仕事の生産性アップなどの効果を発揮している訓練です。

瞑想というと、

  • なんだかアヤシイなあ
  • 難しそうだなあ
  • 宗教なのか?

などと思う方も中にはいるかもしれませんが、やることは 「呼吸するだけ」 です。

呼吸することが宗教だったりアヤシイのであれば世の中のヨガスタジオなんかは全部アヤシイ宗教団体認定されてしまいますねw

しかも、今回ご紹介するのは「マインドフルネス瞑想」であり宗教的なものやスピリチュアルな瞑想とは異なります。

心理学、脳科学的にもエビデンスがはっきりしており、実際に脳の大きさが大きくなり思考力が向上することもわかっています。

やり方は、やってみるとカンタンですよ。「呼吸するだけ」です。

詳しい呼吸瞑想のやり方を、こちらでご紹介します↓

【呼吸瞑想のやり方】

呼吸瞑想のやり方は、まずリラックスした状態になります。

イスに座っても、あぐらをかいても、立っていてもokだと思います。

そして…【呼吸に集中する➡︎注意が逸れる➡︎注意を呼吸に戻す➡︎注意が逸れる➡︎注意を呼吸に戻す➡︎注意が逸れる(無限ループ)】

このループを時間になるまで繰り返します。

初心者の方は1分でokでしょう。

「少し短く感じるな」という長さから始めてみるのがコツです。

そして、瞑想している間は様々な思考があなたのアタマの中に湧いてくるのを発見するでしょう。

この湧いてきた思考に対しては特に「良いか悪いか」の判断をせず、「あ、こんな考えがあるんだ」とだけ認めて、呼吸に意識を戻してください。

自動的に浮かんでくる考えを止めようとしたり、無理に消そうとしたり、抑えつけようとするのは、絶対にNGです。

ただ出てきて、去っていくに任せます。

実際にやってみると、本当に「座って呼吸するだけ」(姿勢はご自由に)という感じなので「本当にこんなので効果あるの!?」と、疑う人もいるでしょう。

しかし、マインドフルネス研修導入企業の例を見ると仕事効率が上がり、労働時間が短くなった後に昇進したというケースもあったくらいですから、試してみる価値はありそうです。

最初は1分からでもOKですが、慣れてきたら瞑想時間を伸ばすことをオススメします。

ポイント

内的刺激に対しては、マインドフルネス瞑想で集中力を
鍛えることで対処しよう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます^_^

このように【マインドフルネス】を仕事や人生に活かすためのレッスンを、個人向け・企業向けにやっています。よかったらTwitterやってますので是非フォローしてください!


⬇︎kevinのTwitter⬇︎
https://mobile.twitter.com/mindfulkevin

コメント

  1. […] 1分でできる!集中力を高めるためのトレーニング1日1分であなたの集中力をパワーアップさせる方法をご紹介します。集中力は仕事、勉強、日常のちょっとした作業をするときに必要 […]

タイトルとURLをコピーしました